リンク集

いきいきくらぶ



活動報告

 

お花を作りました!「のの字」巻&「さくら」


今回の飾り巻き寿司はお花です。
カナダで友達に作りたいと、いう会員さんが
カナダでは「花」が好きな人が多い。

動物を作るより「花」を是非習いたい・・・・

と、いうことで自宅でも簡単に作れて美味しい
飾り巻きをつくりました。

具材はシンプルに
今、旬のきゅうり、たくあん、そぼろ


P1040733.jpg




  「のの字」巻きは、花びらを一口で食べれて、美味しい!!
作られたのは、70歳男性ですが、もうとてもお上手になりました。
ボケ防止(認知症予防)になる。
手も頭も使うから・・・・
そうなんです!!


P1040734.jpg


具材は「ゆかり」なども入れて変えたりと、
自宅にある素材でも、充分美味しく頂けます!


P1040735.jpg



   カナダでこれなら簡単にできますね!
皆さんと楽しんで作ってもいいですね!



日本文化授業

2月7日(木)、14日(木)、15日(金)の3日間、岩谷学園 テクノビジネス専門学校 日本語科の学生が「日本文化授業」で、<飾り巻き寿司>と<そば打ち>を体験しました。

日と14日は、午前と午後の4コースで「バラ」巻きを作りました。先生は、粋生倶楽部(いきいきくらぶ)代表です。

15日は、二八そばを作りました。4グループに別れて実習しました。
先生は、そば打ち教室のベテラン受講生5名の方が
引き受けてくださいました。







飾り巻き寿司 <バラ>巻き


エプロンと三角巾をつけ、手を洗って準備完了です!!








人数が多いため、A班とB班に分かれました。

最初にA班が酢飯を分けました。

ピンクの酢飯は、4~5gで18個に分けます。









B班は、薄焼き玉子を焼きます。

「卵を焼くのは初めて!!」という学生もいました。

このフライパンは、ちょうど海苔の大きさに卵が焼けます。









玉子を10cm幅に切り、ピンクの酢飯を並べます。








先生の説明を真剣に聞いています。









先生が丁寧に焼き方を説明しています。

上手に焼けるかなぁ・・・!?













キレイに卵が広がっていますよ(^。^)








ピンクの酢飯は18個・・・

白の酢飯は1個・・・

皆さん、とても真剣に量っていますね。







<作品を持って記念撮影






















<個性ある「バラ」巻き>

バレンタインデー編

「ハート」巻き






残った教材で飾りつけ・・・







                       Love            You
















soba.jpg

<そば打ち>



最初に資料を使って説明しました。







水を少しずつ入れながらこねていきます。












のばしの実技をしています。








切り。包丁が大きいなぁ・・・

真剣に切らないと!!









切ったそばは、タッパに丁寧にしまいます。








茹での説明をしています。

沸騰したお湯に入れて、40秒計ります。

そばの太さで茹で時間が異なります。

ベテランのNさん。

そばを見ながら時間を決めていました。







<ネギ切りのベテラン登場!!



自宅で、お母さんに教えてもらったそうです。

キレイに早く切れました!(^^)!









僕も上手に切れるよ。

左利き用の包丁があれば

もっと上手に切れるんだけどなぁ・・・






<打ったそばを試食>

打ちたてのそばは美味しいですよ!!



会員Sさんのグループ






会員Hさんのグループ





会員Sさんのグループ







会員Uさんのグループ







忙しく、楽しい3日間でした。

日本の文化が学生に伝わったと思います。


講師を引き受けてくださった、そば講座受講生の5名の方。

本当にありがとうございました!!








飾り巻き寿司教室

9月18日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「蝶々」巻きと「花」巻きを作りました。




蝶々」巻きが完成しました。

さぁ、切りましょう!!

上手にできたでしょうか!!








出来上がりはどうですか







「蝶々」巻きを切っています。

キレイですねヽ(^o^)丿








「花」巻きの完成です。

とてもきれいな色合いですね!!

1口サイズで食べ易い大きさです。







蝶々」巻きの完成です。

こちらも、ピンクの酢飯がとてもキレイですね(^。^)







作品を持って記念撮影です。

皆さん、とてもいい笑顔です(*^_^*)











飾り巻き寿司教室

3月3日(土)、3月13日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回の作品は、「さくら」巻きと「桜の木」巻きです。

もうすぐ、桜の木が満開になり、
暖かい春が訪れます。

キレイな飾り巻き寿司を作りましょう!!






2
初めに「さくら」巻きを作りました。

5つの花びらを1つ1つ巻いていきます。








5つの花びらを巻きすに乗せて、1つの花にします。



形が整ったら、ラップで包んでおきます。



完成しました。キレイな桜の花びらです!!







皆さん、無心で花びらを作っています。






次は、桜の木」巻きを作ります。

酢飯を敷き詰めた上に、

桜でんぶと紅ショウガを混ぜた桜をのせます。



ピンクの酢飯と白い酢飯と野沢菜で組み立てていきます。




ピンクの酢飯の横に少し高い白の酢飯を置いて・・・

低い方を埋めてください・・・

先生が説明した内容を思い出して

組み立てていきます。


頭の体操になりますよ!!


完成です。先生が作った桜の木はお見事!!

枝は、海苔でカンピョウを巻きました。

カンピョウが崩れないように重ねていくことがポイントですが・・・

なかなか思い通りにできません。


でも、それぞれ個性のある桜の木ができました(*^_^*)





2品の完成です。






土曜コースの方です。






火曜コースの方です。






















飾り巻き寿司

2月4日(土)と21日(火)に、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「パンダ」と「笹」を作りました。



パンダ
最初に、パンダの顔のパーツを作ります。

口を作っているところです。






「口」とカンピョウを巻いた「鼻」

黒ゴマを混ぜた酢飯を巻いた「目」と「耳」の

パーツがそろいました。

パーツがそろったところで、いよいよ組立です!!









飾り巻き寿司の受講2回目の会員:Sさんです。

さぁ、上手に組み立てられるでしょうか!!





会員のAさんとSさんです。

Sさん・・・酢飯をたくさん入れ過ぎて

太ったパンダになっちゃったワ!!


でも、切ったら可愛いパンダになっていました(*^_^*)






パンダと笹の完成です。

先生が作ったパンダは、やっぱり可愛い!!






パンダ

作品を持って記念撮影です。



<火曜コース>






<土曜コース>





パンダ




飾り巻き寿司教室(火曜コース)

1月24日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、新しい方が1名参加されました。

今回の作品は「バラ」巻きと「梅ノ木」巻きです。









今回、初めて受講する方に自己紹介をしていただきました。






最初に、酢飯をグラム別に分けます。






「バラ」巻きは薄焼き玉子を半分に切り、酢飯とタラコを並べます。

ポイントは、三角形と逆三角形に並べることです!!





1つを巻き、残り1つを重ねて巻きます。





酢飯を敷き詰め、ほうれん草などの青物を置きます。







完成です!!





「梅の木」巻きは、つぼみの部分に

桜でんぶをたくさん敷き詰めるのがポイントです。

巻いた後、とてもきれいに映えます。






花びら、つぼみ、茎などを並べて巻きます。





2品の完成です!!





最後は作品を持って記念撮影です(*^_^*)






飾り巻き寿司教室(土曜コース)

1月14日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「バラ」巻きと「梅ノ木」巻きを作りました。

「バラ」巻きは、見た目はとても難しそうでしが、実際に作ってみると・・・!!







10.5cm幅の薄焼き玉子2枚に

5gのそぼろの酢飯(ピンク)とタラコ、明太子を置きます。


ポイントは、酢飯の置き方です。

三角形と逆三角形に置きます。

















完成です!!

どのように組み立てたのでしょう・・・








「梅ノ木」巻きです。





毎回、切ると感動する!!飾り巻き寿司ですが

今回は、巻いた時点で「キレイ~(*^_^*)」

いう声が聞こえました。


楽しい飾り巻き寿司でした。











飾り巻き寿司教室(火曜コース)

12月13日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「日の出」巻きと「辰」巻きを作りました。








最初に「日の出」巻きを作りました。

太陽の部分を厚焼き玉子で作ります。

6等分にして、斜めに切ります。

包丁を持つ手が、少し緊張します・・・







1つ1つ、海苔で巻きます。








赤く染まった雲の部分を作ります。









「辰」巻きのパーツ

左から、尻尾、おなか、顔の部分を巻いていきます。






きれいな「日の出」と可愛い「辰」巻きの完成です。




作品を持って記念撮影です。

切ると「感動」する飾り巻き寿司でした。




飾り巻き寿司教室(土曜コース)

12月3日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、来年の干支・「辰」巻きと「日の出」巻きを作りました。

新しい方が加わり、6名で実習しました。

今回は、皆さんの作品をご紹介します。







今回、初めて受講された「H・I」さんの作品です。




テラン「M・K」さんの作品です。




ベテラン「U・S」さんの作品です。




受講2年目の「S・T」さんの作品です。




今回で2回目の「S・S」さんの作品です。







作品を持って記念撮影です。








飾り巻き寿司教室(火曜コース)

11月15日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は6名の方が参加しました。

11月の土曜コースと同じ「六車」巻きと「サンタクロース」巻きを作りました。




パンダ


最初に「六車」巻きを作りました。

細く巻いた巻き寿司を縦半分に切ります。

さぁ、上手に切れるでしょか・・・








包丁に酢水をつけて、トントンと机で軽くたたきます。

酢飯がつかないで、切りやすくなります(*^_^*)






15rcmの長さに並べて巻きます。






フィッシュソーセージを中心軸にして巻きます。






さぁ、次は「サンタクロース」巻きを作りましょう。

カマボコを切り、帽子の縁とまゆ毛、ヒゲを作ります。






先生が丁寧にフォローしてくれます。






パーツを海苔で巻き、さらに、帽子も一緒に巻きます。





色々な顔のサンタクロースができ上がりました!!








飾り巻き寿司教室(土曜コース)

11月5日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は「六車」巻きと「サンタクロース」巻きを作りました。


susi.jpg


巻きす、スケールまな板、酢飯など

色々な道具が机に並んでいます。

最初に「六車」巻きを作りました。






桜でんぶ、青のり、トビッコを混ぜた酢飯をそれぞれ海苔で巻き

縦半分に切って、並べます。




魚肉ソーセージを中心軸にして巻きます。

ソーセージの他に、キューリや玉子などを中心にしても

きれいな「六車」巻きになります。




「サンタクロース」巻きです。

カマボコで眉毛、ヒゲ、帽子の縁を作ります。

目は、肌色のご飯を海苔で巻き、縦半分に切ります。



白い酢飯のヒゲと帽子を一緒に巻きます。




完成です!!




作品を持って、記念撮影です。




susi.jpg






飾り巻き寿司教室(火曜コース)

10月18日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、新しい方が4名参加されました。

今回の作品は「かえる巻き」と「ぶどう」です。







母と娘で仲良く作ります。

ピンクのかえるのご飯を量っているところです。





こちらは、緑のかえるのご飯を量っています。

2色のご飯をどのようにして巻くのでしょうか?





飾り巻き寿司では、1/2枚の大きさの海苔を1枚といいます。

1枚の海苔に緑とピンクのご飯をきれいに敷き詰めます。





チーズかまぼこの眼とソーセージの口を

載せ、海苔を下にして裏巻きで巻き込みます






ヤマゴボウを載せて可愛い「かえる」巻きの完成です。




ぶどうの房の部分です。

これを細巻きにして半分に切り、11個の房を作ります。




皆さん、無言で細巻きを作っています。

無心になれるのが飾り巻き寿司の良い点です。




11本の房をきれいに並べます。





海苔1枚半に酢飯を敷き詰め、トビッコを載せます。

中央にほうれん草の「つる」とかんぴょうの「枝」を載せます。




ぶどうの完成です。




2品が完成しました。





作品を持って、記念撮影です。




「次回はどんな作品かしら。楽しみ(*^_^*)」という声が

聞こえてくる飾り巻き寿司でした。


















飾り巻き寿司教室(土曜・火曜コース)

7月2日(土)、7月26日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「パンダ」と「電車」巻きを作りました。

土曜コースは3名、火曜コースは8名の方が受講しました。






少人数で、静かに教室が始まりました。

今日は、上手に巻けるでしょうか!?



ちょっと、顔が四角いかな?

でも、上手に巻けました(*^_^*)





やはり、先生が巻いた飾り巻き寿司は

お上手です!!




作品を持って、はいパチリ







火曜コースは、8名の受講生。

賑やかに始まりました。

初めて参加する方が2名います。




「電車」巻きを作る準備をしています。

カマボコと玉子焼きを指定の長さに切ります。

チーズかまぼこは皮を取っておきましょう。




次に、酢飯をグラムごとに量り、区分けをします。




2011_7_26_4.jpg「電車」巻きです。

海苔の下にラップを敷き、海苔を中にして逆さ巻きをします。




次は、パンダのパーツを作ります。

カンピョウを海苔で巻いて、鼻を作ります。





口と鼻の部分です。

ここにパンダの特徴である目を巻き込みます。






パンダの顔の形を成形しましょう!!




作品を持って、記念撮影

切ったら、可愛い飾り巻き寿司でした。














飾り巻き寿司(6月:火曜コース)

6月28日(火)飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、6名の参加者で賑やかに始まりました(*^。^*)

今回は、「さくらんぼ」巻きと「ライオン」巻きを作りました。


susi.jpg


最初に「さくらんぼ」巻きから作りました。




恒例の酢飯を分ける作業です。





酢飯を分けるとき、巻くときなどに便利な

ご飯のつかない手袋が必須アイテムです!!





サクランボを組み立てます。

ポイントは、葉をどちらかに傾けて巻くことです。





完成品です。

端を見ると??と思うのですが、切ると驚き!

可愛いサクランボ巻きになっています。




次に、ライオンの顔を組み立てて巻きます。





先生の作品です。

さすが、お上手ですネ\(^o^)/




可愛い「ライオン」巻きと「サクランボ」巻きの完成です。




作品を持って、はい。パチリ(*^。^*)



susi.jpg






















飾り巻き寿司教室(6月:土曜コース)

6月4日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、2名の受講生が都合により、火曜コースを受講されるため。

3名と少人数でした。初めて参加される方もいました。

さて、反応はどうでしょうか!?


今回の作品は、「ライオン」巻きと「さくらんぼ」巻きです。


susi.jpg


初めて受講される方がいるときは、用具の説明から始めます。

先生が説明しながら、実技をした後受講生が実習します。





ライオンの口・鼻・目のパーツを作り、巻きます。

巻きすを手に持ち巻くので技術がいります。

空気を入れないように丁寧に巻くのがポイントです!



受講生の作品です。

巻いたときは、失敗したかな(+_+)と思っても

切ったら、キチンと形になります。

それが、飾り巻き寿司の楽しいところです(*^_^*)







先生の作品です。




作品を持って記念撮影!!

大変よくできました\(^o^)/




susi.jpg
i









飾り巻き寿司教室(火曜コース)

5月24日(火)、飾り巻き寿司教室がありました。

火曜コースは、新しい型が2名加わりました。


今回は、「電車3両」巻きと「かたつむり」を作りました。


susi.jpg

海苔に酢飯をのせてスタートです!!





軽く押し付けるようにして、均等に酢飯を海苔に敷き詰めます。




一心不乱に取り組んでいます。

気持ちがリフレッシュできます。





完成しました。皆さん、とてもいい笑顔です(*^。^*)




かたつむりの完成です。







飾り巻き寿司教室(土曜コース)

5月7日(土)、今年度第1回目の飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「電車3両」巻きと「かたつむり」巻きを作りました。

「電車3両」巻きは、海苔を下にして巻く。という新しい巻き方をします。

さぁ、うまく巻けるでしょうか!?


susi.jpg
最初に「電車3両」巻きを作りました。

海苔の上にラップを敷き、酢飯を並べます。

裏返しにして、海苔を下にして巻きます。




かたつむりの殻を酢飯とかんぴょうで作ります。




組み立てます。

これは、ツノの部分を組み立てているところです。


海苔・山ゴボウ・玉子・殻を組み立てて作ります。




完成しました!!



完成品を持って記念撮影です。


susi.jpg
かたつむりを切る前は、「失敗したぁ」という声が聞こえました。

でも、切ると「かたつむり」になっています。

本当に不思議で楽しい飾り巻き寿司でした(^-^)












飾り巻き寿司教室

3月5日(土)、今年度最後の飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「さくら」巻きと「四海」を作りました。
「四海」は、おめでたい席などに昔から作られていた「飾り巻き寿司」です。



susi.jpg





「四海」は、白い酢飯と桜でんぶをまぶしたピンクの酢飯を

1/2枚(飾り巻き寿司では1枚と言います。)の海苔で巻きます。

それを、1/4に切ります。








1/4に切ったものを重ね合わせて、中央に玉子を載せて巻きます。

間に空気が入ってしまい、ちょっと難しい(^_^;)





先生の説明が終わりました。

さぁ、作りましょう!!




「さくら」巻きの花びらを5つ作ります。





わさびっ子を混ぜた酢飯の上に、花びらを載せて巻きます。

これも、なかなか難しいです。




でき上がりです。(これは、先生の作品です。)





各自、作品を持って記念撮影。




susi.jpg作っている時は「失敗したかな?」と思っても

切ってみると、それなりに?できるのが「飾り巻き寿司」です。

楽しくて、美味しい「飾り巻き寿司」でした(*^。^*)

susi.jpg










日本語科日本文化授業

2月22日~25日の4日間、岩谷学園テクノビジネス日本語科の文化授業として、「飾り巻き寿司」と「そば打ち」を粋生倶楽部で実施しました。

対象は、日本語科長期生1年生の約100名で、いきいきのスタッフと講座受講生の方が講師となり、実施しました。

皆さん、「飾り巻き寿司」と「そば打ち」は初めての体験です。

さぁ、どんな授業になったでしょうか・・・


≪飾り巻き寿司≫






AとBの2組に分かれ、お内裏様とお雛様を作りました。

作った飾り巻き寿司は半分ずつに分けました。

皆さん、とても理解力があり、一度の説明でどんどん作っていました。


◆作った飾り巻き寿司を持って記念撮影です◆











記念撮影の後、作った飾り巻き寿司を食べました。皆さん、

笑顔で「美味しい!!」と言っていました。



susi.jpg


≪そば打ち≫






薄く、きれいにのばすことができました。


大根おろし。初めての体験?!


そば切り包丁。大きな包丁です。

華麗な包丁さばきです。




◆そばを食べる前に記念撮影です◆












soba.jpg

4日間の日本文化授業は、あっという間に終わりました。

皆さん初めての体験でしたが、日本語の説明と

講師の実技を見て、上手に作ることができました。

日本語科の先生、ありがとうございました。

私たち、いきいきのスタッフもとても楽しかったです。

最後に、協力してくださった会員の皆様、本当にありがとうございました。




飾り巻き寿司教室 

2月5日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「お内裏様とお雛様」を作りました。



susi.jpg



最初に、部品(胴体、顔、冠の部分)を作りました。





お内裏様を作ります。

お雛様は、冠の部分が違います。後は同じ作り方をします。





飾り巻き寿司では、海苔1/2枚を「1枚」と表現します。

海苔、1.5枚分でお内裏様を巻きます。




周りの酢飯は、とびっこを混ぜ、50g×2と30g×3で順番に組み立てていきます。
部品との間に空間ができないように巻いていくのが飾り巻き寿司のポイントですが・・・
なかなかうまくいきません
((+_+))






どこを切っても可愛い!飾り巻き寿司の完成です。


susi.jpg




飾り巻き寿司教室

1月8日(土)、今年最初の飾り巻き寿司講座がありました。

今回は、「梅の木」巻きと、「自由な細巻き」を作りました。




susi.jpg



講座前の準備です。

酢飯を分け、包丁やスケール、まな板などの準備をします。





最初は、自由に「細巻き」を作ります。

どんな細巻きになるでしょうか !?





青海苔を混ぜた、細巻きです。





ご飯のつかない手袋・・・

本当に便利です!!







「梅の木」の組み立てです。

これを巻くと・・・



このようになります。

本当にきれいですね!!










各自の作品を持って記念撮影(*^。^*)





susi.jpg


この後、作った飾り巻き寿司を食べながら、

楽しいひと時を過ごしました♪♪








飾り巻き寿司教室

12月4日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

受講者は、初めて参加された2名を含め、6名でした。

今回は、「ハート」と「ローソク」を作りました。


susi.jpg


初めて受講する方に、

優れもののまな板(スケール付き)の説明をしています。




さぁ、ハートを作りましょう!!

上手にできるでしょうか!?








先生の作品です




susi.jpg



ローソクの炎の部分は、

桜でんぶとトビッコを混ぜたご飯を二重に巻いて表現します。






部品を組み立てます。

この手袋は、ご飯がつかない優れもの(パートⅡ)です!!




今回は縦長で巻きすに収まりません。




完成です!!




失敗がない、飾り巻き寿司!!

笑顔でパチリ(*^。^*)

お疲れ様でした!!



susi.jpg









飾り巻き寿司教室

11月6日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「ヨット」と来年の干支「うさぎ」を作りました。




susi.jpg
20
今回は、初めて参加した方がいたので、

巻きす・まな板・酢水などの説明をしました。





パーツによって、海苔の大きさが異なり迷います・・・




ヨットのパーツです。

かんぴょう・玉子・カマボコを海苔で巻きます。

海苔に酢飯をしいて、パーツをのせて巻きます。








さぁ、作りましょう!!





仕上がりが少し不安・・・

でも、大丈夫です。切ると、可愛いうさぎとヨットになります!!





susi.jpg







飾り巻き寿司教室 4

10月2日(土)、飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、好きな具材を選んで作る「のの字巻き」と「猫」を作りました。





先生が説明した後、各自で作りました。


上手にできるでしょうか!?



具材を変え、分量を調整すると、いろいろな「のの字」巻きができます。






<いよいよ、猫を作ります。>




この手袋、酢飯がつかない優れものです。






猫の組み立てをしているところです。






目・鼻のパーツと顔部分の白い酢飯を重ねます。






海苔を巻きます。さぁ、うまくできたでしょうか!?





1/4に切り、耳とヒゲをつけて出来上がりです。

上手にできました!!








作品を持って、記念撮影

はい、パチリ!!

















親子で飾り巻き寿司教室

8月26日(木)、「親子で飾り巻き教室」がありました。

2組の親子が参加してくださいました。

大人2名、子供4名で、「のの字
巻きと「パンダ」を作りました。


パンダ




さぁ、これから始まります。






お母さんに手伝ってもらいながら、


小さな手で一生懸命、海苔の上に酢飯をのせています。











先生が説明しながら実演するのを

真剣に聞き、見ています。

本当にお行儀が良くて可愛いです(*^_^*)






でき上った作品です。






先生と一緒に記念撮影です。

 皆さん、よく頑張りましたネ!! 



パンダ





飾り巻き寿司教室 3

7月3日(土)、第3回目の飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「パンダ」と「笹」を作りました。


パンダは、鼻、耳、口、目のそれぞれの部品を作り、組み合わせて作ります。



susi.jpg



前回同様、先生が説明しながらお手本を作ります。

最初に「笹」を作ります。






こちらは、親子で参加です。

先生がまわり、質問に答えています。





飾り巻き寿司では、1/2の大きさの海苔を1枚と言います。

部品を作るため、海苔を切っているところです。






パンダの各部品ができました。これを組み合わせていきます。





海苔1,5枚の上に酢飯を敷き詰め、目と鼻を載せました。






そして、口を載せます。写真は、上下反対のパンダです。





耳と、山ゴボウの目を載せて完成です!!






作っている途中は「失敗した!」と言う声が聞こえますが、

切って、お皿に盛ると大満足です。

どこを切っても金太郎飴のように楽しい飾り巻き寿司でした(*^_^*)


susi.jpg




飾り巻き寿司教室 2

6月5日(土)、第2回目の飾り巻き寿司教室がありました。

今回は、「梅しそ巻き」と「トンボ」を作りました。




前回同様、まず、先生がお手本を見せます










最初に、梅しそ巻きを作りました。

一口サイズで、とても食べやすく美味しいです。






さぁ、トンボ巻きを作りましょう!!

桜でんぶを混ぜたピンクの酢飯で羽根を、、山ゴボウで目を、

卵焼きで胴を作ります。それぞれ

海苔で巻くのでしっかりとした巻き寿司になります。






完成です。(先生の作品です)



受講生の方の作品です。皆さん、とっても上手にできました。



2010_6_5_9.jpg最後に、作品をもって記念撮影!!


susi.jpg






第1回 飾り巻き寿司教室

5月8日(土)、「飾り巻き寿司教室」がありました。

この教室は、今年度、初めて実施された教室です。


飾り巻き寿司は、どこを切っても楽しい!金太郎飴のようなお寿司です。

今回は、「のの字」巻きと「車」巻きを作りました。








受講生は8名。2つのテーブルでお寿司を作ります。




最初に、講師(粋生倶楽部代表)のお話がありました。

材料や道具の確認をした後、実習が始まりました。




先生が説明しながら実技指導をした後、受講生の方が作りました。

初めは「のの字」巻きです。

たくあん、きゅうり、桜でんぶを酢飯の上にのせて巻きます。




巻きあがったお寿司を5等分します。

中央に「山ごぼう」を添えてでき上がりです!!




次に、「車」巻きを作りました。まず、パーツを作ります。

車の窓をきゅうりで作り、次にタイヤの部分を魚肉ソーセージで作ります。

パーツを車体部分の酢飯に載せて作ります。








「のの字」巻きと「車」巻きの完成です!!



でき上がった作品を持って、はいパチリ!!

皆さん、とても喜んでいました。

でき上がりに感激!食べても美味しい!飾り巻き寿司でした(*^_^*)