粋生倶楽部

いきいきくらぶ



会員の声

会員の声

会員、Tさんの声です(^^♪

2016年10月29日 10:18

私が入会してから1年が経ちました。

初めはお友達が入会していたので、勧められて「ランチ会」に参加
してみました。楽しい会だな・・・と、思い、
すこしづつ「散策」や「そば打ち教室」などに加しました。

今では、友人以上、ほとんどの企画に参加をしています(笑)
それというのも、実は5年前から、実母が寝たきりの状態のため、
自宅で介護をしています。ほとんど、意思疎通が出来ず、
私自身大変ストレスが溜まり、うつになりそうな日々でした。
そんな時に、息抜きで参加したことで、自分が楽しむことが
良い介護に繋がると実感しました。

93歳の母ですが、100歳ぐらいまで生きそうです(^_^)v
それまで、私も元気に頑張らなくてはと思っていますが、
健康だけではなく、心身ともに健康になるためには
楽しいおしゃべりや笑ったりすることが大切だと実感しています。

これからもできる限り参加して、楽しみたいと思います。



投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

T・Tさんの感想です!

2016年7月22日 20:46

友人に誘われて(^_^)v

昨年、友人に、楽しい倶楽部があるから一緒に参加しないと、
誘われて、粋生倶楽部の「ランチ会(ホテル)」に、参加しました!

楽しかったので、他のイベントにも参加するようになりました。
会員さんとも顔なじみになると、話が弾み
参加するのが、楽しみになります。

今では、様々なイベントに積極的に参加しています!

母親を介護しながら、このようなお楽しみに参加するから
ストレスも溜まらず、苦にならないのだと思います。

生倶楽部の皆さん、笑顔で迎えてくれて、本当に良い仲間だと思います。


                       T・T

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

会員N・Tさんの感想です。

2014年12月12日 15:46

そば粉320g、つなぎ(小麦粉)80g、水200CC、これを混ぜ合わせて練り、伸ばし、成型し、切って茹でる。これでおいしい二八蕎麦の出来上がりです。

「やってみない?」と岩谷代表に誘われて始めた蕎麦打ち。
料理の不得手な自分に不安を抱きながら、月に一度の教室に
通い始めました。

今では、何とかお蕎麦として皆さんに食していただけるようになりました。
会員の皆さんと一緒に打って、一緒に食するお蕎麦は最高です。
最近、それに岩谷代表のかき揚げが添えられ、
それがまたとてもおいしい!!(^_^.)
それを目当てに来られる方、作り方を教わって自宅で作られる方・・・
評判も上々です。

それと皆さんの後片付け、手際がよくてすばらしい。
ご自宅の奥様達、大変助かっているのでは・・・\(^o^)/

仕事や家事を離れての和気あいあいの楽しい空間、それが粋生倶楽部の蕎麦教室です。

お誘いしていただいた岩谷代表に感謝、感謝です。

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)

会員 T・Mさんの感想です。

2014年3月26日 10:32

<私の転機>

思い起こせば2年前、主人に誘われて"粋生倶楽部の横浜散歩"に参加したのが始まりでした。

それまで長きに渡り単身赴任していた主人は、3年前に定年を迎え、横浜に戻って参りました。
はて、これから老後?二人での生活をどのように過ごして行こうか・・・、
先輩奥様達の数々の体験談を聞いて考慮していました。元々、テニスとゴルフの共通の趣味は持っていましたが・・・・・。
先に学生時代の先輩に誘われて入会していた主人に『粋生倶楽部』と聞いて、私なりに未だ入会するには早いかな?と考えていました。

いよいよその日、主人と集合場所に行くと、岩谷代表にお会いして、なんと若々しくて溌溂とされた方だろう・・・、きっと楽しい会に違いないと確信しました。
『粋生倶楽部』は今ではライフラインになり、元来食いしん坊の私は、毎月のランチ会が楽しみで、会員の方々との親交も深めています。

『横浜ぶらり散策』では、名所・旧跡を訪ねて新たな発見をし、自由きままに歩く『ゆら~り散策』では、ゆったり、のんびりとしたひと時を過ごしながら温故知新に浸っています。
昨年の『忘年クリスマス会』は、皆さん仮装で参加。主人は「南洋の美人」に私は「マリリンモンロー」にみごと変身!童心に戻り、思いっきりはじけてしまいました! 

これからも、『粋生倶楽部』でいろいろな発見をし、楽しい時間を過ごして行きたいと思っています。

投稿者:粋生倶楽部

会員 O・Eさんの感想です。

2014年2月23日 18:45

粋生倶楽部ってどんな倶楽部って聞かれたら即座に『とってもここちよい倶楽部』と答えます。

発足時より入会し、後に夫も加わりました。

ものぐさな私ども夫婦にとって粋生倶楽部は最高のお助けマン!

今では一緒に楽しむ喜びに感謝!です。

何の威圧感や気負いもない雰囲気の中、どこか存在感のある会員の皆様各々が楽しみ、時には企画参加しながら倶楽部を盛り上げます。

昨年企画されたXmas仮装パーティーでは会員の潜在パワーが全開!思い思いのユニークな仮装で大いに盛り上がりました。

とにかく気持があたたかくそこにはいつも笑顔があります。

愛すべき粋生倶楽部はとってもここちよい倶楽部です。

よろしければ是非一度のぞいてみませんか? ご参加おまちしております。

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

会員 Ⅰ・Hさんの感想です。

2014年2月11日 21:27

"粋生"は、私の横浜・水先案内船!

粋生倶楽部との出会い
クリーニング店の帰りに目にした「粋生倶楽部」のサロンと中で楽しげに話す人々。
何の倶楽部かな?
横浜に転居してきたばかりで、右も左も不慣れな私にとって、興味津々。
恐る恐る訪ねて見ると、美しい女性が現れ、シニアの"学びと交流"のサロンです・・・。
とっても感じの良い応対にほっとして、主人共々お仲間に入れていただいてあっという間に2年が過ぎました。

ぶらり散策・ゆら~り散策・ランチ会で新発見の連続 
長く住んでいても意外と街の様子って解らないもの。まして私は転入者。
土地勘がなく建物の名前や住所を言われてもチンプンカンプン・・・そんな悩みを解決してくれたのが、粋生倶楽部主催の街歩きです。
専門家と歴史を訪ねて歩いたり、話題の商店街を散策したり、お薦めレストランでランチ会など、私が知りたい横浜情報を懇切丁寧に教えて頂きました。
お陰さまで、今では図々しく浜っ子であるかのように、知ったかぶりなんかして、長く横浜に暮らす友人に仕入れた知識を披瀝。

"粋生倶楽部"との出会いがなかったら、こんなに早く横浜の生活に溶け込むことが出来なかったと思うと、会員の皆さま、スタッフの皆さまに感謝!感謝!感謝!です。


投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

会員 K・Hさんの感想です。

2014年2月 4日 10:29

2年前に人生観が変わった! 男の物語です!

定年を迎えるまで、ただ、がむしゃらに仕事人生を突っ走った・・・
あの日から何の趣味もない私にとって朝からテレビに
かじりついては、昼は、夜は、何の食事かと女房殿に尋ねる毎日・・・
女房には直ぐに疎まれ、私も3か月で気が狂った・・・・

結局いまだに働いている・・・
女房殿は満足している・・うるさい日々がなくなったから!
また昔に逆戻り・・年に何度かあるOB会に出席しても
昔話ばかりと上下が疎ましい・・・

その日から<粋生倶楽部>が趣味になった!

数年前からこれでいいのかと悩み始めていた時に
 <粋生倶楽部に出会った>
OB達とは得られない仲間との出会い、新鮮な会話、和む安らぎの時間・・・
ランチ会、夕食会、ぶらり旅、ゆら~り旅、新年会、忘年会などなど・・・
また、粋生倶楽部ならではの各種講座
(そば打ち、飾り巻きずし、文人画、能楽体験、
 元気な100歳を目指した歩き方、スマホを使おう・満載です!)

半年前から粋生F B(フェイスブック)にチャレンジ、写真をつけての投稿、
皆から返ってくるコメント!
また楽しくて繰り返す楽しみ・・新しいデジカメも買って
何気ない日常の中に新しい発見をして"ハイパチリ!" 
毎日スマホとカメラが離せない・・・趣味になったかも!

新しい仲間たちとの新鮮なお付き合い、趣味を作り切れない男にとって
まさにその日から<粋生倶楽部>が趣味になった!
次のイベントの日が"ワクワク、ドキドキ"待ち遠しい・・・
ときめきが待っている!
至福の時間、安らぐ雰囲気・・・やっと、仕事人間から自分自身を掴んだ
喜びの毎日!!

さ~!!同じような男性諸兄、<粋生倶楽部>に
いらっしゃ~い!!

はい!大事なことを忘れていました!
女性の会員さんも沢山、皆さん気持ちのいい綺麗な方ばかり!
お世辞抜きで~す!

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

会員 Ⅰ・Hさんの感想です。

2013年11月 8日 11:31

わたしの三年日記帳

サラリーマン生活をリタイアーしたその日から日記を付け始めた。

娘が私の退職に合わせ、表装の付いた三年日記帳を贈ってくれたのである。多分に親父のボケ防止のためという匂いがしたが、無にするのも悪いと思い、三日坊主覚悟で始めたのである。
そして今春、娘から2冊目を贈られた。

三年日記帳は、3年間に亘り同じ月日の出来事を同じ頁に書き込むようになっている。従い、同じ頁に2年前の今日、昨年の今日が書き残されており、簡単にその時・あの時の自分に立ち返ることができるのである。
3日間も付け忘れた日には、その日何をしたんだっけ?何を食ったか?と
カレンダーの書き込みを見たり携帯のスケジューラーを繰ったりと思い出すのに ひと騒ぎになる。だから寝る前にその日の欄を埋めるのが日課になってしまった。
毎日が日曜日の生活とは言え、日々中味の違った1日が足早に過ぎ去っていく。高々1日7行なので、事象の説明や心の内を吐露するスペースは限られているが、他愛もないことを欲深く書き留めようとする自分がいる。 
最近では妻の出来事も書き留めてあげている。
日の天気のことも追加した。・・・・・

1日を7行に詰め込むのは益々難しくなってきた。

ここまで書いて思い付いた。
日記帳をパソコンに置き換え、其の時々の感動や出来事を、フラッシュメモリーなどの記録メディアに残せば、記録スペースの制約から解放され、且つビジュアル化も容易であると。
この2年間、"粋生倶楽部"のイベントや講座に参加し、多くの体験や楽しさ、感動が私の三年日記帳に綴られてきた。
更に、パソコンを使った講座で学んだことを活かせば、写真やイラストを組み入れた見栄えのよい日記が書けそうだ。

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)

会員T・Yさんの感想です。

2013年10月28日 22:16

2年間を振り返って

明るさと活力に満ちたJR横浜駅構内、足早に歩きながら、周りを見渡すと、いろいろな思いと目的をもって、足早に歩いている人・人・人・・・・・。
思えば、2年前、全く知らなかった『粋生倶楽部』に入会すべく胸躍らせながら急いでいたのでした!

あれから2年、時が過ぎるのは早いもので、その間、いろいろな行事や、会合に参加し、見聞を広め、経験を深めて参りました。
只、集合時間間際に、現地到着という状況は進歩していませんが・・・・・。

『横浜ぶらり散策』では、横浜で生活をしていながら、行ったことが無い名所旧跡、そして明媚な風景、街並み等、訪れるたびに横浜の奥深さを感じています。
又、『楽しいランチ会』では、普段はなかなか自分では訪れない、いろいろな分野の料理のお店で美味しく食事する事が出来、いつも楽しみです。

これからも、『会員交流会』やいろいろな講座も含め、まだまだ多くの方々を存知あげていませんが、参加し、楽しい時間を過ごして行きたいと思っています。

投稿者:粋生倶楽部

会員 O・Sさんの感想です。

2013年9月11日 10:49

・ドラマチック!粋生倶楽部

或る日の午後だった・・≪喜びと楽しみの人生≫を司る創造主が天空から静かに静かに舞い降りた・・何気に眼をやると「粋生倶楽部」とか云う小さな倶楽部の前だった・・「ふう~~ん、どんな事やってるんだろう・・」創造主は佇み、じっと見つめた・・同倶楽部が生誕して5年の歳月をフラッシュバックさせ、その折々のステージを走馬灯の如くに甦らせた。

創造主は食い入るように、フラッシュバックされる画像に魅了された・・「所謂、カルチャースクールとはちょっと異なるな・・会員夫々が互いに慮り、喜びと楽しみを共有し合っている・・素晴らしい!!」

そして、苦節5年の歳月を経て今・・「これから先、どう運営して行ったらいいんだろう・・」

創造主が、そっと囁いた「会員有志の方々と意見交換してみたら・・いいアイディアが浮かぶかも??」

そして、今後の粋生倶楽部の展望をテーマに「トークカフェ」をスタートさせた・・会員有志との熱い会話が始まった・・2度3度・・パワフルな会員相互の意見交換・・・創造主は嬉しく嬉しく、微笑みながら見守った・・・・・

そして今、会員相互が役割分担し、新たなステージ創りに一歩前進する事になった・・。

主催者側と会員とが渾然一体となり、皆んなで新たなドラマを構築し、同時にそのステージで互いが役割分担し、ドラマチックな感動を共有し合う集い・・それが粋生倶楽部!なんですよね。粋に生きる!と云う事は、ノスタルジーに浸るんではなく、自分勝手な諦めの境地に浸るんではなく、日々新たに一歩前に踏み込む勇気と行動力在りき!なんですよね。結果、沢山の沢山の、人としての感動を味わう事が出来るんじゃないでしょうか?

さあ、現会員の皆さんも、新たに参画したいと思われる方々も、粋生倶楽部で≪生きる喜び・楽しみ≫を味わってみたら如何が?・・・創造主は、柔らかく微笑みながら、そっと呟いた「天空より降り立って良かった・・こんなに人生をエンジョイされている方々と出会えて・・・再び歳月を経て、もう一度覗いてみよう・・」

黄昏ゆく天空に向かい、創造主は心豊かに昇って行った・・深く広がる闇の中、燦然と輝く大きな星となって・・何時か又、粋生倶楽部の方々と会える事を楽しみに・・。

 
素晴らしい出会いに感謝!一翁拝

投稿者:粋生倶楽部
コメント(0)  |  トラックバック(0)